no-image

マニラのコンビニ

 こんにちは、今日も曇り、ブログ訪問ありがとうございます。

昨日の続きで、ロベルトさん(仮名)の家に泊まり、次の日は
ロベルトさんとマニラ市内を廻ることにしました。
朝に買い物のため近くにあるコンビニのような雑貨店に
ひとまず行くことにしました。
空港に着いた時は夜だったので、町の様子がわからなかったので、
はじめてマニラの町の様子を見ることになります。
バスがバス停に停まり、その後部にたくさんの人が乗り込んでいます。
車体から体が出ていますが、手すりに捕まり、バスに乗っていました。
信号待ちをしていると、花を売る子供がドアを叩いて、
売り込みにきます。
日本には無い混沌とした町の風景に興味津々でした。
ロベルトさんは、「必ず車のドアはロックしてね」と言ってきました。
車が停車しているスキに強盗が襲ってくるからだそうです。
雑貨屋に着いて駐車場に車を停めると
ロベルトさんが「走って店に移動してね」と言ってきました。
強盗に襲われないためです。
はじめは私を脅かそうとして冗談を言っているのかと思いましたが、
雑貨屋に入って、その言葉を信じることになりました。
コンビニのような雑貨屋に入ると、
ライフル銃を持ったガードマンが立っていました。
マニラという街はその様な危険な街なんだなあと私は理解し始めました。
続く。。