August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ポーランド クラクフが2022年の冬季オリンピックに立候補

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


この時期のスーパーの目玉商品は打ち上げ花火です。


12月31日の夜12時過ぎると皆でいっせいに花火を打ち上げるからです。


2020年、夏季オリンピックは東京に決まりましたが、


その2年後の冬季オリンピックの候補地の選定はこれからだそうです。


候補地にポーランドのクラクフも立候補したようです。


テレビで宣伝しておりました。


もし決まればポーランドで初のオリンピック開催となるようです。



 

桜井隆多 対 マメド・ハリドフ

こんにちは、今日は雪、海に面している


ヨーロッパの地域で台風の被害がニュースで流れています。


テレビで盛んに宣伝している総合格闘技の試合、


桜井隆多選手 対 マメド・ハリドフが12月7日の土曜日ポーランドで行われるようです。


どうやら因縁の対決だそうで、前回の試合では、


桜井選手が押していたにも関わらず、地元判定か引き分けになったようです。


ハリドフ選手は、ポーランドで生まれたわけでなく、


チェチェンの人で、紛争があったせいか、ポーランドに移住してきたそうです。


ただCMによく出演するほど、有名な格闘家です。



追記
桜井選手、残念ながらKO負けでした。


が脂がのりきったマメドに対して歳を重ねすぎていたにも


関わらず善戦したと思います。 

 

アンドリューゴロタ VS サレタ

 こんにちは、今日も曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


最近スポーツニュースで煽りVTRが盛んに流れている


アンドリューゴロタ対フセミスワウサレタ戦。


何の試合かと言うとボクシングです。


今日はコアなボクシングファンしかわからない話題でスミマセン。


ゴロタ選手、ヘビー級の並みいる強豪と戦っているベテランボクサーです。


マイクタイソンや、レノックスルイス、リディックボウとの対戦など。


リディックボウの対戦時は、結構白熱した試合でした。


いずれの試合も負けていますが。


対するサレタも波乱万丈の人生でもともとキックの試合がメインです。


ポーランドでは知名度はどちらもありますね。


その試合が今日土曜日に行われます。


それにしても両者、44,45歳のボクシングでは超高齢の域。


その後、タイトル挑戦の望みもあるわけでなく、


これ以上試合をしてどうするのでしょうかと思います。


またこの試合に便乗して、有名人が観戦したり、


試合にコメントしたりしているので、


最近の大きな格闘技の試合で使われる、


セレブが観戦して、観戦している様子をカメラが映す手法を


取り入れることでしょう。


日本のある格闘技団体でも見られるこのスタイル、どっから始まったのでしょう。


ところで、ポーランドでは、格闘技は日本に比べて人気のスポーツのようですね。


夕方のスポーツニュースでは、毎日、なにかしらボクシングや総合格闘技の


ニュースを流しています。


日本だとボクシングの世界戦くらいしかニュースにならないものなあ。


戯言が長くなってしまいました。

雨天中止 ポーランド・イングランド戦

 こんにちは、今日は快晴のヤボジュノです。


昨日は、ポーランドとイングランドのワールドカップ2014の予選、


ワルシャワ国立競技場で行われる予定でしたが、、


まさかのドーム球場で雨天中止!


朝から雨でしたが、球状の屋根をオープンにしていたということで、


雨で、芝生はびちょびちょ。


雨を吸収する設備が地面になく、水浸しなので、


競技の結果、延期で今日17日に行うようです。


テレビ中継で、球状の責任者がインタビューに答えていましたが、


なんかいろいろ弁明していましたが。。


早速、今日のラジオでも最高のジョークが起きたと批判していました。


また笑いものにされそうです。

Palant パラント

 こんにちは、連日の暑さでまいります。


ヨーロッパのスポーツといえば、サッカーです。


日本ではおなじみの野球はどこ行っても見かけません。


ポーランド語では野球はベースボールですが、


その昔、中世の頃、Palant(パラント)という野球に似たスポーツが、


よく行われていたそうです。


ポーランドだけでなく、ヨーロッパ全体で知られたスポーツだったそうです。


現在の野球の起源は諸説があるようですね。


ちなみにPalantはポーランド語のスラングで、


馬鹿な奴、おろかものという意味だそうです。


初期の野球の原型となるスポーツは、石ころなどを使い


死傷者がでるほどだったそうで、そのことから来ているのでしょうか。

EURO2012 ポーランド:チェコ 0:1 

 こんにちは、今日も快晴。30度近くの暑さです。


昨日は、妻の兄が帰省しているので、一緒にポーランド・チェコ戦を観戦しに、


クラコフへ。


駅の前の特設会場で、観戦しました。


クラコフの穏やかな感じが好きです。


激しいフーリガンも出会わなかったし、のんびり観戦できました。


試合結果は残念ながら1対0でポーランドが負けてしまいました。


ほんのちょっとの差でしたね。


クラコフ駅前の特設会場。外国人観光客もちらほら観戦していました。

会場の中です。



ポーランドがゴールのチャンス。ボールの行方を見守ります。



これで、ポーランドは決勝リーグに進めなくなったので、


酒の肴が減ってしまいました。


その後は、兄とともにクラコフの夜の街へ。


結局、勝っても負けても酒を呑みます。




フーリガン 

 こんにちは、今日は久しぶりの晴れ。暑くなってきました。


連日、EURO2012の放送で賑わっています。


地上波のチャンネルでゴールデンタイムでサッカーの試合も見れますし、


サッカー−ファンには、たまらないでしょう。


ただ、案の定問題が出てきているフーリガン問題。


フールガンは、一部のサッカ−ファンが、暴徒化してしまう輩です。


ポーランドのフーリガンも悪名高いことで有名です。


開催地のポーランド、ウクライナで暴徒化しているのが報道されています。


インド系の学生がウクライナの会場で観戦中、攻撃されたり、


黒人選手に向かって暴言を吐いたり、ナチスの真似をしたり。


一部のファンのせいで、スポーツの楽しみが台無しにされるのは、


残念です。こういうところは、嫌いです。


開催地に応援に来ないで、自宅のテレビで観るよう呼びかける、


イギリスの元代表の声もありました。


人種差別、八百長疑惑と、ヨーロッパのサッカーは闇があるようです。



EURO2012 開幕 ポーランド引き分け

こんにちは、暑くもなく寒くもない程よい気温です。


昨日6月8日に、EURO2012 が開幕しました。


第1戦はワルシャワで、ポーランドとギリシャの試合です。


試合会場にはものすごい観客数がいたようです。


5万6千人ぐらいだとか。


ポーランドの人も楽しみにしていたようですが、


試合は1-1 の引き分けでした。


サッカー好きの国は、自国の試合が始まると、町中から人が消えますね。


ドイツもそうでしたが、テレビ観戦に夢中になります。


ポーランドと同じグループのロシアとチェコも対戦。


4-1でロシアが勝ちました。


次は12日にポーランドとロシアが試合をします。


サッカーは以前は全く興味がなかったんですが、


娯楽がない環境だと、観るのが楽しみになってきますね。





Koko Euro spoko Euro2012

 こんにちは、今日も快晴のヤボジュノです。


もうすぐサッカーのEuro2012の大会がポーランド、ウクライナで始まりますが、


テレビでの話題はその話一色ですね。


Euro2012 の ポーランドの公式ソングがKoko Euro spoko です。

このおばちゃん方々が歌うようです。


ヨーロッパ中の要人を前にして。。。


Spoko はイイね!という感じの意味だそうです。




UEFA Euro 2012

 こんにちは、今日は、過ごしやすい気温だが、どんより雲のヤボジュノ。


私は、サッカーにあまり興味がないのですが、サッカーファンならご存知の


UEFA Euro 2012 という大会がポーランド・ウクライナで行われるそうです。


ヨーロッパ中の国対抗のサッカーの大会だそうです。


6月8日に開幕だということで、当日は、ポーランドとギリシャが戦うそうです。


ポーランドと同じリーググループのロシアとチェコが同じ日に戦うそうです。


ロシア、チェコ、ポーランドといがみ合っている国が同じリーグで戦うので、


見ものですね。最後の決勝戦はウクライナのキエフで行われるんですね。



ニュースでやっていましたが、会場設営の工事、準備がまだまだ終わっていないとか。



<<back|<12
pagetop