no-image

ケントデリカットの顔を妻が見たら

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。
子供の頃は、外国人に会う機会も無くまして青森なので
そういう機会は皆無です。
テレビで観ていた外国人タレントを見て違う先入観を持っていたことが
少なくないです。
ケントデリカットというアメリカ人のタレントがいましたね。
日本のテレビに出ている外国人タレントを妻に見せた時、
ケントデリカットを見て典型的なカナダ人の顔だと言いました。
アメリカの白人とカナダの白人は違うようで、妻はすぐわかると
多少自慢げに言ってきました。
アメリカ人はどちらかというとシャープな顔立ちで、
カナダ人は少し影がある顔立ちなのだそうです。
カナダ人はどちらかというとヨーロッパに近い顔でしょうか。
私は、どっちも同じように見えるのですが違うようです。
歴史を見ればなるほどそうかもしれません。
アメリカのほうがヨーロッパ全体の人が移住して血が混じって
現在の人種が成り立っているのに対し
カナダは主にフランスからの移住者が多いので
その結果顔立ちの違いが出てきたのでしょう。
それにしてもケントデリカットの「私の田舎のアメリカ、ユタ州では、、」というのは
持ちネタだったのに。