August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

紅茶はどうしてヨーロッパで飲まれるようになったのか

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ヨーロッパでおなじみのお茶、紅茶。


ポーランド語でお茶を総じてヘルバタと言いますが、


紅茶のことをチャルナヘルバタといいます。


黒いお茶という訳です。


英語もブラックティーでしたっけ。


日本語では紅と書くのに、ヨーロッパでは


どの国も日本で言う紅茶を黒いお茶と呼ぶようです。


近所の物知りおじさんの話によると


どうしてヨーロッパで紅茶が飲まれるようになったかというと


17世紀にオランダが初め持ち込んだようです。


オランダが中国のある地方から輸入する時の話ですが、


その紅茶はもともと緑茶だったそうですが、


緑茶を保管していた倉庫に人が偶然やって来て、寝泊りしたため


発酵がすすんで黒くなって、そのままオランダ、ヨーロッパ中に


そのお茶が知られるようになったそうです。
1
pagetop