November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

海外ポーランドでも蚊取線香を発見しました

こんにちは、ブログ訪問ありがとうございます。


子供の頃、夏によく見た風景、蚊取線香。


大人になって東京に上京してからはほとんど見なくなっていましたが、


まさかポーランドで再びぐるぐる巻きの蚊取線香に出会うとは思いませんでした。


ポーランド語で蚊取線香をSpirale といいます。


螺旋の意味のスパイラルからですよね。


Bros社から発売されているのを見かけました。
ポーランドの蚊取線香

この渦巻きの蚊取線香は100年ほど前に日本人がヨーロッパでも広めたという話ですが


本当なんでしょうか。

海外で人気の日本製品 和包丁

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


海外でも有名な日本の製品のひとつは包丁だと思います。


海外の日本料理レストランの職人さんとか


日本製の包丁を愛用している人が多いですね。


いまどき、ネットで簡単に購入できるので


良い時代です。


日本製の包丁は研いでも長持ちします。


他の包丁とどの点が違うのでしょうか。 

魔法使いサリー イタリア語版オープニングテーマ

こんにちは、今日はマイナス15度の寒さ、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランドでもアニメ、魔法使いサリーは有名です。


魔法使いサリーもイタリアで一旦、翻訳されて、ヨーロッパ各地で


放送されています。


なので、オープニングテーマはイタリア語です。


日本語版の歌よりほんわかした感じがします。


 

ポーランドでも有名なヤッターマン

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


日本のアニメの話題になると、よくポーランド人に聞かれるアニメのひとつは


ヤッターマンです。


小さい頃はみなヤッターマンを見ているようです。


このヤッターマンは一度イタリア語版に訳されたのを、


再度ポーランド語に訳して放送されているようです。


ですが、ヤッターマンは私にとってはあまり馴染みが無いアニメです。


というのも、ヤッターマンはフジテレビ系列なので、


私の田舎の青森市では、フジテレビ系の地方局が無く、


そのため子供の頃、観なかったと思います。


東京に上京してから初めて存在を知りました。


ヤッターマンのオープニングテーマ、イタリア語版です。
 

ポーランドのサッカー少年に人気のキャプテン翼

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


子供の人気のアニメだった、少年ジャンプのキャプテン翼。


ポーランドのサッカー少年にも人気のアニメで私が知るところ、


皆知っています。


義理の兄もサッカーをやっていたので、


観ていたそうです。


ポーランドでたいがいの日本の昔のアニメは、イタリアでいったん吹き替えされて


そのイタリア語版をポーランド語に訳して放送されるそうですが、


キャプテン翼はそのまま日本語からポーランド語に訳されているようです。


ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!キックエンドダッシュ♪と歌い始めると、


そうそう、その歌、その歌と頷きます。


私の子供の頃の青森では、サッカーはマイナーなスポーツで、


サッカー部も無かった時代。


近所のT君が、ひとりドライブシュート、タイガーショットの練習をしていた姿が


懐かしい。

70年代海外の映画によく出てくる日本

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


映画を観るようになって気づいたのが、


日本の文化が海外の映画の中で、よくでてくるということです。


とりわけ70年代から80年代にかけて、アメリカの映画や


フランスのコメディ映画に出てきます。


寿司や、柔道、忍者、他の日本食など。


70年代、ヨーロッパでは日本の文化がユニークだったからか


流行ったそうです。

ハローキティのポーランドの評判

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ハローキティーは女の子から大人まで人気のキャラクターですね。


キティちゃんについて男なので、あまり知りませんが、


最近、街を歩いていると、キティちゃんのキャラクターグッズを


持っている子供をよく目にします。


テレビの広告でも使われているし、


ポーランドでも徐々に人気のキャラクターになってきました。


でも一部のカトリック宗派はキティちゃんに反対しているそうです。


悪魔崇拝を助長しているんだとか。


一部のハローキティのTシャツに卑猥な言葉とともに書かれていたり、


ヘビーメタルバンドとコラボレーションしたことが理由だというのですが。


なんか知らないところでキティちゃんが一人歩きしているようです。


日本の文化が閉鎖的だということのメリット

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


外国の文化があまり入ってきておらず


日本は閉鎖的で他の国のことをあまり知らないという意見があります。


実際に日本から離れて長く暮らしてみて、そういう面があるなあと思います。


ただ簡単にそう結論付けは出来ないです。この結論はヨーロッパの人からみてなのかもしれません。


ヨーロッパにある国々はそれぞれの国の文化をおおおらかに取り入れたり共有していると思います。


共産主義時代のポーランドでさえ、


アメリカや西側といわれる国の文化や音楽、テレビ番組を取り入れています。


ただヨーロッパから見ての意見と言ったのは、世界は勿論、欧米だけではなく、


イスラム圏やインドや多くの独自の文化圏が存在して、独自の文化を守っているように


思えます。


アニメや子供向けのコンテンツに関して言うと、


ポーランドは、多くのアメリカの番組や他の国の番組を放送しています。


あたしが子供の頃、全然知らない番組ばかりです。


子供の頃は日本のアニメや日本の番組ばかり見て育ちました。


今では、ネットの普及や通信の発達で海外の情報やテレビ番組を簡単に


見ることができるようになりましたが、


以前の日本の閉鎖性も悪い面もあれば、良い面もあるなあと思います。


良い面といえば、独自の作品、コンテンツを作っているということです。


海外からテレビ番組や情報を取り入れてテレビで流すということは、


逆に言えば、独自のモノがないという事かもしれません。


閉鎖的だったから独自の文化が生まれて、今、評価されているのでしょう。
1
pagetop