September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ポーランドでの日本車

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランドでももちろん、日本のメーカーの車が走っていますが、


日本車が好きな知り合いの話によると


日本車は長持ちするから選ぶそうです。


イタリアの車などデザインは斬新だけどすぐ壊れるとか。


ポーランドの厳しい冬でも日本車は持ちこたえるので


良いそうです。


ただ難点は他の車に比べて値段が高いこと。
 

ポーランドのバス コントロール

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランドのバスの切符は車内にある券売機か運転手から購入します。


自己申告制なのでタダ乗りもやろうと思えば出来ますが、


頻繁にコントロールという見回りの人がチェックに来るので、


買っておきましょう。



 

円の交差点

こんにちは、今日も雨、ブログ訪問ありがとうございます。


ヨーロッパ特有の道路と言えば


円の交差点ではないでしょうか。


信号がないところは、たいがい円の交差点です。


それとも逆に信号の設置費用削減のためそうしているのでしょうか。


円の中を廻っている車が優先です。


頃合を見計らって円の中に進入します。

円 交差点

ポーランド バスの定期券の買い方

こんにちは、今日は雪、ブログ訪問ありがとうございます。


バスはポーランドの生活で欠かせない交通手段です。


バスだけでなく、14人乗りのミニバスも走っていて、こちらは格安です。


定期券はバスだけですが、ここで定期券の買い方を紹介します。


定期券はビレト・ミションチュネと言います。


始めに定期券のカードを入手しなければなりません。


私は、ヤボジュノに住んでいるのでヤボジュノの中心地にある


PKMの事務所に行き申請。その日のうちにもらえました。


PESELという個人番号を記入しなければならないので、


滞在許可証を持っているという前提です。


このカードがあれば、どこにでもあるキオスクという雑貨屋で、


定期券をチャージをすることが出来ます。


一週間、30日、90日と期間があります。


価格は地域によって違うので、ホームページで確認したほうが良いです。

 

ポーランド 電車

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


今日は、仕事でBielsko - Biała(ビエルスコビャワ)という所に向かうため


電車に乗って行きます。


ポーランドの電車もドイツと同様、自動改札機が無いので、


駅で事前に切符を買います。


途中でコントローラという車掌さんが切符を見にやってきます。


画像は電車の中。


安い2等席の切符を買ったのですが、車内はがらがらなので


どこでも座りたい放題でした。
ポーランド 電車


 

ポーランド 中古車

 こんにちは、今日は久しぶりの大雨です。


ポーランドの中古車市場を見てみると、


ドイツの中古車価格に比べて、若干高いと思います。


ドイツに比べて、ポーランドは物価が断然安いのですが。


やはり、皆、ドイツのほうが中古車が安いので


ドイツから買い付けて、ポーランドで売るからでしょう。


ドイツより中古車が安いのはイギリスだといいます。


ただ、ハンドルが右左、逆なので、


ハンドル交換修理代が安くて割りに合う場合は、


イギリスで買い付けて、ハンドル交換をして


運転するなり、売るようです。

路上の車

 こんにちは、今日も快晴のヤボジュノ。


道を歩いていると、路上駐車している車に、なにやら値段が書かれた札が


貼られているのを見かけます。


その張り紙には、連絡先もあります。


どうやら、いらなくなった車が路上で売られているようです。


結構な数の車が、売られていて、たまによいメーカーの車が格安で売られているので、


見ていると楽しいです。


中古車販売所よりも安いのですが、たまに盗難車も売られているので、


要注意です。







ポーランドの交通事情

 ミニバスを紹介する動画 みなさん、こんにちわ。

今日は、ポーランドの交通事情について話したいと思います。

市民の便利な足となっているのがミニバス。

15人から20人くらい乗れるバスで、

都市と都市の間を行き来しています。

日本ではあまり見かけない形態ですが、

普通の大型バスに比べて安いので、私も良く使います。

通常のバス停に止まるのですが、バス停に待つ人がいないと

バス停を素通りしてしまうので、前もって運転手に言っておかなければなりません。

通常は降りるときに料金を払います。

運行経路がネットにしか掲載されていないので、

お年寄りや私のような外人には、使いこなすのは大変です。

それでは、みなさん、良い週末を!


1
pagetop