May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

HARIBO ハリボ

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ドイツのお菓子で有名なもののひとつにHARIBO(ハリボ)というのがあります。


主にグミのお菓子を作っています。


日本でも見かけたことがありました。


ハリボのグミを食べた時は、選んだ物が悪かったのか、


固いグミで、まるでタイヤをかじっている様で、


不味かった印象がありました。


その後、ハリボのマシュマロのお菓子を見つけ食べてみたら、


まあまあ美味しかったです。


ハリボのグミ、試してみてください。

Weizenbier ヴァイツェンビア

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ドイツにはいろんなメーカー、製造所のビールがあるので、


その土地のオリジナルのビールが楽しめます。


白ビールを試しに頼んではいかがでしょうか。


大抵の居酒屋においてあると思いますが、


Weizenbier(ヴァイツェンビア)と言います。


上の部分が広がった大きなグラスに注がれてきます。


甘くてフルーティな味なので、


女性に人気のビールです。

グラスによってビールの味が違う

 こんにちは、今日は曇り、気温が高いので蒸しています。


ビールは注がれるグラスによって味が変わると気づいたのは、


ドイツに来てからでした。


レストランや居酒屋に行くと


デュッセルドルフのアルトビールは手のひらサイズの短いコップで、


ケルンのビールは細長い、シリンダーのようなグラスで、


フルーティで甘いヴァイスビールは下の部分がくびれた大きなグラスで


出されます。


面白いことに、他のグラスで飲むと、微妙に味が変わります。


ドイツの地域ごとにビールは様々ありますが、


グラスもビールによって多くの種類があるのは面白いです。

ケルンビールとデュッセルドルフビールの対立

 こんにちは、今日は一日中、雨模様です。


ドイツといえば、ビール。


ビールの種類はとにかく豊富。そして安いし美味いです。


ビールを造っている醸造所では、たいがい、酒場がついていて、


出来たビールをその場で飲めます。


なので、酒場はいつも賑わっています。


ビールもドイツ各地によって、味や色がぜんぜん違います。


デュッセルドルフの地ビールは、アルトビールといって、黒っぽいビールです。


ちょっとクセがあります。


デュッセルドルフから少し離れたケルンという街では、


黄色のケルシュビール(ケルンビール)が有名です。


デュッセルドルフのアルトビールに比べて、飲みやすく、水のように飲めます。


何かとお互いライバル視しているデュッセルドルフと、ケルンは


ビールでもどちらが美味しいか言い合いになるようです。

1
pagetop