March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

フランス人とは何か 論争

 こんにちは、今日も晴れ。真夏の暑さです。


つい先日、フランスで新大統領が決まりました。


以前のサルコジ大統領に代わって、フランソワオランド大統領に代わりました。


ヨーロッパで経済的にリーダーであるドイツのメルケル首相と仲が良かった


サルコジ氏が敗れたことで、EUの体制維持に不安視の声をあげる人もいます。


ところで、サルコジ氏が大統領時代、


フランス人とは何かという問いを国民に投げかけて論争が起きたそうです。


移民が多く様々な人種がいるフランスでは、加熱した議論となったそうです。


フランス人のナショナリズムを高揚させて、


サルコジ氏は選挙に向けて、この議論を利用したと言われています。


外国人として住む自分も避けては通れない議論です。


ただ、〜〜人とは何か という議論は、今のヨーロッパのように、


多くの移民や、外国人が住むところでは、


触れてはいけない議論のように思います。


過去に起源をもとめても、血生臭い論争になるだけですし、


未来に向けた議論ではないと思います。


私も含めて外国人は、異国で住まわせて貰っているのだから、


ある程度、節度、控えることもわきまえないといけないと思います。


一方、新しいフランソワ大統領ですが、翻訳された公約を見ると、


5年間居住した外国人に地方参政権を付与すると言っています。


これは大丈夫かいな?、と不安に思いました。
【送料無料】フランス第2版

【送料無料】フランス第2版
価格:1,365円(税込、送料別)

1
pagetop