April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Bawidamek バビダメク

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


職場に女好きな同僚がいます。


ボディタッチはもちろん、甘い言葉も女性の同僚にかけまくりです。


まあ見ていて面白いから憎めないけど。


女性と遊ぶのが好きな男をポーランド語で


Bawidamek (バビダメク)というそうです。


ものすごい美人のお客が来ると、


バビダメクはものすごくはしゃぎます。

Cholera jasna ホレラヤスナ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


カッとなった時、ちょっと思い通りに行かなかった時など、


ポーランド語でCholera jasna (ホレラヤスナ)と言っているのを


聞きます。


ホレラはコレラ菌のことです。

Czacha チャハ 

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド人の同僚アドリアンがもう一人の同僚パトリックに向かって


チャハ!と呼びかけていました。


はじめは何でその人のことを炒飯と呼んでいるのか不思議に思っていましたが、


チャハの意味をちゃんと聞いてみると納得しました。


Czacha (チャハ )は、ドクロ、頭蓋骨という意味の言葉をパロディ化した単語です。


ちなみにパトリックはオデコから頭の頂上まで禿げています。


 

スタレィ ポーランド語

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。


たまにポーランド人の同僚に


「スタレィ」と呼ばれることがあります。


スタレィはポーランド語で古い、歳をとった、という意味なので


はじめは、自分のことをおっさんだと馬鹿にしているのかと勘違いしていました。


ですが違う意味もあって、親しい人に向かって呼びかける言葉だそうです。


 

Bułka z masłem ブウカ ス マスウェム 朝飯前

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド語の言い回しでBułka z masłem (ブウカ ス マスウェム)というのがあります。


ブウカは丸いパンのことで、マスウェムはバターを塗ったという意味なので、


パンにバターを塗るくらいなら誰でもできる作業ということから


その人にとってとても簡単な仕事、作業という意味だそうです。


日本語だと朝飯前という言葉でしょうか。




ブウカ





 

Nie mam zielonego pojęcia ニエマム ジェロネゴ ポエンチャ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド語で全くわからないというニュアンスのことをいいたいとき、


Nie mam zielonego pojęcia(ニエマム ジェロネゴ ポエンチャ)と言う時があります。


ジェロネは緑を意味する言葉ですが、


全くの初心者なのでわからないという意味も含まれているようです。


そういえば若葉マークは緑だな。


日本語だとどうでしょう。緑じゃなくて青を使うでしょうか。


青二才だとか。

Wyssane z palca ヴェッサネ ス パルツァ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


インターネットはすぐに情報が検索できて便利ですが、


信用性にかけたり浅い知識のものがまだ多いです。


何も中身が無い情報をポーランド語でWyssane z palca(ヴェッサネ ス パルツァ)と


言うことがあります。


直訳すると、指をくわえて吸う状態です。


赤ちゃんがお母さんのおっぱいを吸ったら母乳が出てきますが、


指をすっても何も出てきません。


なので読んだけど何も中身が無い情報という意味で使うそうです。


日本だとヴェッサネ ス パルツァは東スポにあたるんでしょうか。
 

エリートの隠語はŚmietanka シメタンカ

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド料理でクリームをのせる料理が多いです。


クリームのことをŚmietanka  (シメタンカ)といいます。


このŚmietanka  (シメタンカ)という単語はエリートやセレブのことを指すことがあります。


クリームをドリンクにのせると浮上していつも上部に浮かんでいるからだそうです。


Dzień terrorysty ジェンテロリスティ

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


昨日の記事で女性の日、ジェンコビエト のことについて書きましたが、


同僚がジョークで女性の日の今日をDzień terrorysty (ジェンテロリスティ)だといいました。


その名の通りテロリストの日です。


いいジョークを聞いたと思い、妻や義理の母に言うと、ウケていました。


近所の人にも今日はテロリストの日だと言ってみると、ウケていました。


ポーランドジョークをひとつ学びました。


 

Cyk ツィク

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


何か作業を完了した時にCyk(ツィク)というポーランド人がいます。


これも人によって使ったり使わなかったりするのでなんともいえないですが、


作業が完了したという意味のようです。


ツィクという言葉があるのではなく、


ドアの鍵を閉める時の擬音語がツィクなので、


そこからきているようです。
12345>|next>>
pagetop