September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Kantor ポーランドの両替所

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランドはEUに加盟していますが、


通貨はまだユーロではなく、ズォティのままです。


通貨を交換する両替所をKantor(カントール)といいます。


有名な観光地ならどこにでもあります。


両替所によって、得をするところ損をするところの差が激しいです。


クラコフのような大きい街だと、手数料が高いです。


ヤボジュノにも両替所がありますが、


そこで交換したほうが割がいいです。

Sosnowiec ソスノヴィエツ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ソスノヴィエツというシロンスク県の人口20万人くらいの町。


ヤボジュノからバスで30分ほどの距離です。


役所への申請で立ち寄りました。

ソスノヴィエツ

カトヴィツェ 建物

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


カトヴィツェを歩いていると結構古そうなレンガ造りの建物が残っています。


それよりも新しく建てられていたであろう箱型の殺風景な雑居ビルは


取り壊され新しいビルに建て替えられています。


シロンスク県庁前にある図書館
カトヴィツェ 建物

ワルシャワの老舗パン屋ブリックル

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


義理の母にワルシャワに有名なポンチュキの店ブリックルがあるから


そこのポンチュキを買ってきてとお使いを頼まれました。


ポンチュキという揚げパン、ドーナツを


家族経営で始めワルシャワで数店舗も展開している老舗だそうです。


ワルシャワ中央駅近くのノヴェシフィアト通りの店舗に向かいました。


ここの通りは有名なブランドが立ち並んでおり歩く人々もおしゃれです。


ポーランドのクチコミウェブサイトでブリックルがカフェを出していて、


値段は高いけど飲んでみる価値があると書いていたのでまずはカフェに入ってみました。


老舗のカフェは、有名人の写真が飾っておりエレガントな雰囲気です。


客層は上品そうなおじいちゃん、おばあちゃんばかりです。


ドイツのデュッセルドルフにあるケーキ店の老舗ハイネマンを思い出しました、


そこのカフェもおじいちゃん、おばあちゃんだらけでした。


なんか場違いなところに来ちゃったなあと思いつつ、


ブリックルスペシャルコーヒーというのを頼んでみました。


アイスコーヒーの上にソフトクリームが乗っかっていて中にドライフルーツが


入っていました。値段はコレで20ズオティ。


高。


日本の物価からすると訳ないと思うかもしれないですが、


ヤボジュノ価格からすると目ん玉が飛び出そうです。


味のほうも、うーん今いち。。。


店員もお高くとまっていて、なんか感じ悪っ。


コーヒー飲んだこと妻には言わないでおこう。。

ブリックル ワルシャワ


次回は肝心のポンチュキの感想をお伝えします。

ワルシャワ 日帰り旅行

こんにちは、ブログ訪問ありがとうございます。


久々に大都会に行く機会ができたのでわくわくしています。


大都会といってもワルシャワの人口は170万人ほど、都市圏で300万人ほどです。


東京の人の多さ(1000万人以上)はどれほど多かったんだろうと思います。


パスポートの更新でワルシャワの日本大使館に行かなければなりません。


今は長距離バスの中です。


カトヴィツェからチェンストホバ経由でワルシャワ行きのバスがあります、


インターネットは繋がっているし、トイレはあるし、


かなり格安です。片道35ズオティからです、

 

Jeleńイェレン ヤボジュノの地域

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ヤボジュノは人口は少ないけど広い地域なので、


さまざまな地区がありますが、


そのひとつにJeleń(イェレン)というところがあります。


このイェレンというところはヤボジュノの住民は


みな悪い印象を持っています。


今はヤボジュノに属していますが、


以前は行政区画上クラコフに属していたからでしょうか。


民族衣装もクラコフのものを使っているそうです。


ヤボジュノの端っこのほうなので、


田舎とバカにしているかもしれません。


土地が安いからか中国系の資本が投資をして


ショッピングセンターをつくり


最近は大量の中国人が移住し始めてチャイナタウン化しています。


イェレン出身の人は自己紹介で、


「皆さん、悪い印象を持っているはわかっていますが、イェレン出身の○○です。」


と自虐ネタをいうほどです。



 

Bielsko-Biała ビエルスコビャワ

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


シロンスク県の南部にあるBielsko-Biała(ビエルスコビャワ)という街。


古い歴史のある建物が並び、静かな街です。


山の街とビエルスコビャワの人々は言います。


でも山といっても山の麓にある街というのが正しいでしょうか。


なので、本当の山に位置する街に住む人は、


ビエルスコビャワは山の街ではないと揶揄しています。


まあそんな小競り合いは置いといて、


歴史が感じられる静かな街の散策は気持ちがいいです。


中央駅から山が見えます。
ビエルスコビャワ

ビエルスコビャワの中央駅。
ビエルスコビャワ

雰囲気のある路地。
ビエルスコビャワ

ビエルスコビャワの風景画像をもっと見たい方はこちらへ http://travel.tabigo.net/bielsko-biala/

Dąb Napoleon ドンプ ナポレオン

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランドの西側、Zabórという村に、Dąb Napoleon(ドンプ ナポレオン)という


オークの木があります。


樹齢700年ほどの古い木です。


ドンプ ナポレオン


ナポレオンが1812年のロシアへの遠征の際、この木の下で休憩したところから


ドンプ ナポレオンという名前がついたそうです。


残念ながら、2010年に誰かがこの木に放火したらしく、


今は炭となってしまいました。


現在、犯人に賞金5000ズオティがかけられているそうです。

ドンプ ナポレオン

新しい街になりつつあるカトヴィツェ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


最近、カトヴィツェに用事があったので行きましたが、 


カトヴィツェ中央駅前が開発されて整備されています。


駅構内も新しくなり スターバックスやマクドナルドがテナントで入っています。 


駅の前にもショッピングセンター・ガレリアもできるようで、


カトヴィツェもようやく 新しいビルが立ち並ぶ街になりつつあります。 


以前の駅にあった寂れたコーヒーショップが見れなくなったのは残念ですが。


以前の中央駅
古いカトヴィツェ駅

新しくなった中央駅
新しいカトヴィツェ駅 

Balice バリツェ クラクフ

 こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド、クラクフの空港、Balice (バリツェ)空港。


ポーランドにはじめてきた時もこの空港を利用しました。


国際空港とは思えない、こじんまりとした空港です。


今はシェンゲン条約でシェンゲン条約を承認した国の間では、


行き来する際、入国管理の審査を空港でしなくてもいいです。


なので、バリツェ空港では飛行機から降りてから


空港の出口までダッシュで1分もかからないほど、


こじんまりとしています。


空港からバスに乗ってクラクフ市内に行く時、


バスの窓から眺める田舎の風景も風情があって良いです。


この地帯をBalice(バリツェ)というので


バリツェ空港と言います。


よくポーランドの民族衣装を来た踊りの映像などよく観ますが、


地域によって衣装が違います。


クラクフの民族衣装の代表としてあげられるのが、


このバリツェという地域の民族衣装だそうです。


123>|next>>
pagetop