2013年11月

no image

ハプスブルグ家 あご

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。ヨーロッパの歴史を知ると、必ず出てくる名前、ハプスブルグ。ハプスブルグという一族は、ヨーロッパ各国の皇帝や王様の座についています。ところで、ハプスブルグのアゴは、特徴的なことで有名です。アントニオ猪木やアゴ勇のようなアゴをしています。さらに一族同士で結婚して、子供を産むので、代々、ハプスブルグ家はアゴがしゃくれているのが受け継がれて

no image

最近の若い者はというセリフ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。道端で近所のおじいさん、おばあさんに会い話を聞くと、最近の若者は礼儀がなってないと、こぼしています。どこの国でも聞くセリフです。古今東西ずっと言われてきている文言のようです。

no image

アルメニアンのお店

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。家の近くの市場に、アルメニア人が経営している服屋さんがあります。安いので、たまにそこで服を買います。アルメニア人といえば、商売上手で有名だそうです。自分の国以外のところに逃げなければならないアルメニアの歴史があるからか、いろいろな国に散らばって住んでいるようで、 国際的なネットワークが出来上がっています。他にも華僑やユダヤ人の商

no image

待ち合わせの時間や期限を守ること

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。日本では期限を守ること、待ち合わせの時間を守ることは重要なことだと思います。が、他の国では、期限に対する考え方が、良い言い方をすれば、おおらか。悪い言い方をすれば、いい加減のような気がします。明日会おうと、言われて心構えをしていて、いざその日になってみると、やっぱり明日といわれたり。その場その場で期限が変わるので、柔軟に対応しなけ

no image

古代エジプトのアイシャドー

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。古代エジプト人みたいな化粧をしているなあと私たちは家の犬を見ていつも言います。目の周りを黒く塗っている化粧です。皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

no image

Bielsko-Bia?a ビエルスコビャワ

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。シロンスク県の南部にあるBielsko-Bia?a(ビエルスコビャワ)という街。古い歴史のある建物が並び、静かな街です。山の街とビエルスコビャワの人々は言います。でも山といっても山の麓にある街というのが正しいでしょうか。なので、本当の山に位置する街に住む人は、ビエルスコビャワは山の街ではないと揶揄しています。まあそんな小競り合い

no image

ポーランド 電車

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。今日は、仕事でBielsko - Bia?a(ビエルスコビャワ)という所に向かうため電車に乗って行きます。ポーランドの電車もドイツと同様、自動改札機が無いので、駅で事前に切符を買います。途中でコントローラという車掌さんが切符を見にやってきます。画像は電車の中。安い2等席の切符を買ったのですが、車内はがらがらなのでどこでも座りた

no image

Yesterday ポーランド 映画

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。ポーランドの映画、Yesterdayを紹介します。1964年のポーランドが舞台で、ビートルズに魅了された4人の学生の青春映画です。ラジオルクセンブルグの記事

no image

ハグをする習慣

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。よく洋画やテレビでハグをしているのを観ていました。実際に家族同士や親友同士でハグをよくしています。最初は抵抗がありましたが、私もいつのまにか慣れてきました。ただ、こちらの人はハグをするといっても、だれかれかまわず、するわけではなく本当の親友や家族同士でします。日本人はあまり感情を体で表現しないという意見がありますが、そうかも

no image

Syrena サイレン

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。シロンスク県は炭鉱場の地域なので、よく落盤の事故が起こるとサイレンがなります。ポーランド語ではSyrena(スィレナ)です。この言葉は、ギリシャ神話にでてくる人魚セイレンと同じ言葉です。美しい歌声で、船頭を惑わし事故を起こさせたそうですがサイレンはこの人魚が語源のようです。