July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Noと言えないけど良いと思う

 こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


日本人は結論を曖昧にする、Noと言えないなどの意見を多く聞いてきました。


特に日本を出て暮らしているから、その意見になるほどなあと頷きます。


ただ、答えを曖昧にしたり、求める要求をはっきり言わなかったりするのは、


日本だけのものじゃなくて、他の国でも見られると思います。


タイの友達、知り合いと話しているとそう思いました。


他の国でもきっとこういう文化はあるんでしょう。


Yes,Noをはっきり言う文化と接する時間が長くなってきたからか、


まあ、Noと言えなくても良いんじゃないかなあと思うようになりました。


国際政治の世界で、はっきりしてもらはないのは困りますが。


人付き合いの中で、争いごとを避けて、時には程よい嘘も言って


なあなあ、まあまあにするのもまた良い知恵だと思います。


本当のことを言ったり、主張をしすぎて人間関係がギスギスしてしまって


疲れるもの。




ヨーロッパの森林、日本の森林

 こんにちは、今日も曇り空、気温は暖かく、雪は解けています。


ヨーロッパの国を廻った方なら思うかもしれませんが、


日本に比べて山が少ないし、森も少ないと思います。


FAOとかいう統計データによると、


ヨーロッパの陸地面積に対する森林面積が44%と


世界でも有数の森林率となっていますが、


このヨーロッパの地域にロシアが含まれているからです。


ロシアをヨーロッパに含めていいのでしょうか。


ところで、グーグルマップの航空写真で見比べると


日本は緑が豊かなんだんなあと実感します。


私のふるさと、青森。


何もないが緑はいっぱい。


ヨーロッパ、北欧は緑が豊かですが、


イギリスや中央ヨーロッパは緑がほとんど無いです。

落ち葉

 こんにちは、今日は晴れですが、ものすごく寒いです。


もう道が落ち葉で埋め尽くされています。


あっという間の紅葉の時でした。


おっさんになればなるほどなるほど、


時間があっという間に過ぎますね。

神とGod

 こんにちは、今日も快晴、徐々に色づいた葉が


落ち始めています。


Godを翻訳すると神でしょうか。


God はGod、神とは翻訳できないと思います。


キリスト教も、イスラム教も、ユダヤ教も同じGodを信じていますが、


Godは唯一です。


God を信じる人に日本の神様は、、と話しても


理解するのは難しいです。


God と 神は違うのかなあと思います。

EU ノーベル平和賞

 こんにちは、本日は曇りのヤボジュノです。


EUがノーベル平和賞を受賞したそうです。


ギャグかと思いましたが、本当のようです。


ノーベル賞を提供するノルウェーはEUには加盟していない国です。


ノーベル平和賞受賞について、賛否両論が起きています。


過去のノーベル平和受賞者も、受賞するのは何でだろうと


おかしく思うことがありましたが。


今回は、個人でなく組織にあげるということで、


その賞金はどこに消えるのでしょう。


ずっと語り草になりそうです。ギャグとして。

外国人地方参政権

 こんにちは、今日も晴れです。たまには雨が降って欲しいです。


昨日、フランソワ大統領の公約で外国人地方参政権を導入するとある、ということを


書きました。


EU内は外国人の地方参政権はほとんど認めていないです。


ただEU市民だったら地方の選挙に投票することも出来ますし、被選挙権もあるようです。


北欧のほうは、一定の年数居住した外国人は、


選挙権も被選挙権も与えられるそうです。


そして、今の北欧の現状はというと、治安の悪化など様々な問題が噴出しているようです。


外国人の私でも、別に政治に興味がないというわけではなく、


住んでいる国の選挙に参加しようとは思わないです。


外国人参政権には反対の意見です。


国民国家という枠組みで今現在、世界が動いている以上、


根幹のルールを変えたらおかしくなるのは当たり前だと思います。


その国の国籍を取るなりしてから、選挙に参加するべきだと思います。


国について考える

 こんにちは、今日は晴れでまた暑い一日です。


私の身勝手でそのときは安易に考え、海外で働いてみようと、日本を飛び出して、


今はポーランドに住ましてもらっている現状です。


ポーランドに住んでいるからといって、


日本のことはどうでも良いかというと、そんなことはもちろんありません。


ネットや、友達の情報でしか日本のことを知ることはできないですが、


自分の国は大事です。


自分自身におおいにふりかかる影響があります。


日本人が、海外に行くとき3ヶ月はビザ無しで旅行できるというのは、


日本という国に信用があるからです。


まあ、お金がある国民だから海外旅行に来たときは、お金を現地に落としてくれるから


とかそういう側面もあります。


東南アジアの方が日本に来るとき、観光で来たい場合はよほどの預金額がないと


日本に入れてもらえません。日本に来て日本国内に逃亡する人がいるからです。


またそういう人を受け入れるコミュニティもあると聞きます。


とにかく、日本に信用があるから海外で大手を振って歩くことが出来ます。


自分の国が、内戦状態で難民として海外に命からがら逃げてきて、


肩身狭く暮らしている人も大勢います。


というのを、頭の片隅に置いといて、明日の家族のためのパンを


得るために今日も働きます。

何人か

 こんにちは、今日は、曇り、10度近くの涼しい日です。たまには助かります。


人間勝手なもので、海外に来て住み始めて、自分の国とか、何人かを意識するようになります。


ヤボジュノはほとんど外国人がいない町なので(ここ半年以上暮らしていますが、アジアの人、インド系の人、アフリカ系の人を見ていないです。)


外を歩いていると珍しいものを見るように見られます。


町を歩いていて、声をかけられた時大抵は、ベトナムから来たのか?中国から?と聞かれます。


こちらの人には、見分けが付かないのも無理はないと思います。


ポーランドにいる黄色人種は、大抵、中国人かベトナム人なので


確率的にそう思うのでしょう。


私たちも、白人を見たら、ポーランド人か、ロシア人か、ドイツ人か


よほど、人類学に詳しい人でないと


なかなか見分けは付かないと思います。


ポーランド人にロシア人ですかと聞いたら、一緒にするなと怒るでしょう。


中国人ですかと聞かれることに別に怒ることは私はしていないのですが、


やはり、自分は日本人ですと答えます。


日本にいるときは、あまり考えなかったですが、そんな環境におかれると


考えてしまいます。

<<back|<123
pagetop