December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Warka ヴァルカ ビール

 こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランドはいろんなブランドのビールがあります。


どのブランドも長い歴史を持っていることに驚きます。


ビールブランドのひとつ、Warka (ヴァルカ)


創業1478年。


びっくりしますね。


ポーランドの Warka という地域で作られているそうです。


喉ごしさわやかなビールです。

人類最古のチーズ

 こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


今の食卓ではおなじみの食品チーズ。


チーズの発祥は中央アジアとか、ヨーロッパとか中東など諸説があったそうですが、


先日、ポーランドで7500年前のチーズ製造の痕跡が発見されたと


ニュースでやっておりました。


ニュースでやっていたのは、確かヤギのチーズだったと思うのですが。


7500年前のもととなると、今のところ人類最古のチーズの発見になります。


古代エジプトの壁画にもチーズ製造の様子が描かれていたようですが、


それよりも古い時期での製造になりますね。


発見された物だけしか歴史にならないので、


他の地域でも、もっと進んだ技術での食べ物があったかもしれませんね。

ポーランドの対日輸出品目

 こんにちは、今日は、曇りのヤボジュノです。


ポーランドと日本、遠い国ですが、


貿易の交流がもちろんあります。


ポーランドの対日本輸出品目で一番輸出している物は、


2011年の統計では、紙タバコだそうです。


2番目に豚肉、3番目に人造黒鉛です。


私は、タバコを吸わないし、詳しくないですが、


紙タバコはこちらに来てから始めて知りました。


義理の母が、せっせと紙タバコを作っては吸っています。


自動販売機に売ってある作られたタバコではなくて、


フィルターとタバコの葉っぱを買ってきて、


自分で作るタバコが紙タバコです。


自分で作るので、もちろん安あがりです。


ポーランドのタバコは他の国に比べて安いので、


他の国から遊びに来た観光客は、


まとめてタバコを買って持って帰るようです。


それにしても、紙タバコが日本向けで一番の輸出品目とは


意外でした。

Michałki - Wawel

 こんにちは、今日は曇り空、風が強い一日です。


ポーランドに旅行に来て何をお土産にしようか迷っている方、


Wawel社のMichałki  はいかがでしょうか。


チョコレートキャンディで、表面はチョコレートで包んでいて、


中も甘いクッキーが入っています。


お茶菓子にぴったり。

ポーランドのじゃがいも

 こんにちは、今日は快晴。気温も高くなくちょうどいい天気です。


ニュースで報道していましたが、


年々ポーランドのじゃがいも農家が減少しているそうです。


じゃがいもは安いので、作って販売してもあまりお金にならず、


手間もすごいかかるため、他の農作物に移行したり、違う産業に移る農家が多いみたいです。


なので、だんだん周りのポーランドよりも物価が安い国から


輸入するようになっているようです。


ポーランドのジャガイモは旨いですが、


それが無くなっていくのも惜しいです。

ポーランド ビール カルパツキエ

こんにちは、今日も曇り空のヤボジュノです。


ポーランドの有名なビールといえば、


Tyskie(ティスキエ) や Żywiec(ズイヴィエツ)が挙げられますが、


ポーランドのビールの中でも驚くのが、


アルコール9% のKARPACKIE (カルパツキエ)というビールです。


   
 
ノドごしさわやかで、スイスイ飲めるのですが、


アルコール9%なので、私は飲むと必ず二日酔いになります。


なので、最近は飲みません。


また、値段が日本に比べたら安いです。


このカルパツキエ、大体2,9ズオティ。日本円に換算すると現在約67円。


もっと安いビールで2ズォティ(約46円)のアルコール7%のビールもあります。




Makaroniki マカロニキ

 こんにちは、今日は朝から暑いです。


マカロンというとフランスのお菓子でも有名なものですが、


ポーランド独自のマカロンというのもあります。


それは、クラコフにあるのですが、一度食べてみたことがあります。


義母がクラコフ出身なので教えてもらい食べてみました。


なんでもクラコフ秘伝の製造方法だそうで、他の街には作り方を教えない


門外不出のレシピなのだそうです。


クラコフに立ち寄ったらお菓子屋さんに行って


ぜひ Makaroniki (マカロニキ)を頼んでみてください。


以前パリでもマカロンを食べてみたのですが、


それは、エッフェル塔近くの露天で購入したもので、


1個 10ユーロ!!


見事に田舎者が嵌められた結果となりました。




ポーランドの名産品 2

 今日はポーランドの名産品について話したいと思います。

ポーランドは蜂蜜の名産地。

蜂蜜は美容と健康にいいアイテムとはもうご存知のとおり。

ポーランド人の女性が美しいという秘密はここにある(?)

かもしれません。

中でもお勧めなのが、蜂蜜で作ったお酒。

ポーランド語でMiód pitny(ミウトピトネ)といいます。

製法によってワインと同じく等級があるんだとか。

蜂蜜酒の製造過程をちょっぴり紹介↓
 
 味はハッカのようなさわやかな後味が特徴。

ほんのり甘い蜂蜜酒は女性におススメです。


蜂蜜酒を試してみよう!
天使のみつ(蜂蜜酒)500ml/車多酒造

天使のみつ(蜂蜜酒)500ml/車多酒造
価格:1,680円(税込、送料別)

ポーランドの名産品 Śledz シレジ

酢漬けのいわし(ポーランド語でシレジ)を使った料理  
今日はポーランドの名産品について話したいと思います。

皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

そのひとつ、ウォッカは有名だと思われます。

いろんな種類のウォッカが売られています。

しかも、安い!

ポーランド人は、ショットでぐいっと飲みます。

その後、オレンジジュースを飲んだり、サイダーを飲んで、

口直しをします。

お勧めなのが、酢漬けの、いわしなどのお魚をウォッカを飲んだ後に

食べることです。ウォッカのアルコールと、酸味がまろやかに調和します。

おいしいからといって、くれぐれもお酒の飲みすぎには気をつけてくださいね。

ポーランドのウォッカを探す
お酒の肴を探す
<<back|<12
pagetop