November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新年のポーランド

こんにちは、開けましておめでとうございます。


皆さんの年越しはいかがでしたでしょうか。


昨日の夕方、仕事帰りにカトヴィツェの町を通ると、


カウントダウンに向けて人がごった返していました。


夜12時を過ぎるとどこもかしこも皆いっせいに


打ち上げ花火をあげて賑やかな年越しです。


たいがいの人はシャンパンを開けて乾杯をします。


なのでシャンパンも先日まではスーパーの売れ筋商品です。


今年も良い一年でありますように。

年末の挨拶

こんにちは、いつもブログ訪問ありがとうございます。


早いもので年末の挨拶をする時期になりました。


日本のように正月はどこも休みでというわけではなく、


新年の1日だけ祝日であとは通常通り街は動き出します。


新年と同時に打ち上げ花火が上がって賑やかな夜となります。


時節柄、ご多忙のことと思います。


皆様くれぐれもお身体にはご自愛ください。


来年も変わらずご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、


歳末のご挨拶とさせて頂きます。

最近の機械についていけなくなる兆候

こんにちは、今日は雨、今週はずっと雨らしいです。ブログ訪問ありがとうございます。


我が家でもようやくアンテナで受信するテレビ番組だけでなく
(デジタル放送とか、地上波とかもう区別がわからなくなってきたので、こう表現します)


ネットの会社と契約していろんなチャンネルを観る事ができるようになりました。


たぶん有線放送のチャンネル?


今までの契約していたネットの会社より少し多く払うと、


ネットも使えるし、多くのテレビ番組を観る事ができると


営業の口車にのせられて加入してみました。


いやもう皆さんなら見慣れている風景だと思いますが、


チャンネルを変えるとテレビ画面の中で他のチャンネルの画面がくるくる動いて


何がなんだかわからず、つい妻にリモコンを動かしてもらうよう頼んでしまいます。


こういう行動から退化しておっさん化していくんだなあと思います。


かといって直そうともしない。

 

ヨーロッパは高い消費税率だけど

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。


ヨーロッパは消費税率が高いといわれています。


品目によって消費税率が変わりますが、


一番低い食品の税率も日本の5%に比べると高いです。


なのに実際生活してみて、


普通に生活していれば高い税率があまり気になりません。


数字の上では、日本より高い税率ですが、


所得に対して消費税がかけられている食べ物の値段が安いです。


ぜいたく品、ブランド物は税率が高く、


とても気軽には買えないです。


物を買ったら消費税を払うので、


外国人でも納税の手助けをしているということですよね。


高価なブランド物は、観光客の日本人や中国人が買っていくので、


納税の手助けをしているということですね。


日本でも外国人観光客が買っていきそうな品目を探して


消費税率を上げたらどうなんでしょう。


でも外国人観光客の消費の割合は日本人に比べて少ないか。


政府としてはやっぱり日本国内の日本人から絞りとったほうが楽なのか。

どこの国の男も家では

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


あくまでも近所の市場で会うおばちゃん達の意見の統計です。


男は家に帰ってきたらどっかり椅子に座って何もしないそうです。


都会でのライフスタイルや若いカップルではまた違うかもしれませんが、


ポーランド人女性の意見でした。


どこの国もおなじですね。


家でせかせか働く男は稀です。女性の皆さん、男に期待しないでください。


私は、家に帰ったら、何もせずソファに寝転んで


嫌味を言われる側です。

海外で働きたいなら語学よりも手に職を

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


日本を出て海外で働きたいのでまず語学を習得することを目指す方がいますが、


当たり前といえば当たり前ですが、言葉よりも基本的な仕事のスキルが一番大事だなあと思います。


言葉の能力は現地で後からついてきます。


教科書で習う言葉と実際に話している言葉は違います。


翻訳や通訳など言葉の専門の仕事は別ですが、


いわゆる手に職をつけるということは、世界中どこでも食っていけるということです。


今は海外に多数の日本人街がありますし、海外にいるのに日本語だけで、


生活できてしまうというのも珍しくありません。


でも日本人がいない所でも、手に職をつけているということは大事です。


日本以上にスキルの評価は厳しいですし、


一定のことが出来ないとお金を稼ぐことはできません。

日本を離れて生活して思うこと

 こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


日本にいた時は、身の回りでマイナスな点が目に付いて、


決まりごとが多くて、日本は堅苦しい国だなあと思っていました。


日本を出て、暮らし始めて4年ほど経ちますが、


日本の素晴らしさに気がついてきます。


これほど社会設備が整っていて、便利で、安全で、綺麗で、


日本のパスポートも世界中で通用し、


ある程度モラルが守られていて、品質が良いモノが揃っている国は


他にあるのかなあと思います。


日本から離れているから、悪い点が見えていないだけかもしれないですし、


細かいところで直したほうがいいと思う点が皆さん思いになると思います。


でも下を見ればきりが無い。


よく言われる言葉ですが、世界ではもっともっと恵まれていない国がたくさんあります。


ただ日本の上を見れば、あるのかな?


戦争で負けたことになっているけど、


日本は本当に負けたんでしょうか。

ひいじいちゃんの昔話 戦争編

 こんにちは、今日も快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


小さい頃は、お盆になると毎年、田舎のじいさんの家に家族で遊びに行っていました。


青森の中でもさらに田舎なので、人も何もありません。


私が小学生の頃はまだひいじいちゃんが健在だったので、


家に遊びに行くと、よく若いときの話を聞かされました。


その話とは、戦争に行っていた時の話です。


子供だったので、話が理解できず、


どこで、いつごろ戦っていたのかわかりません。


しかも、ひいじいちゃんの話が毎回


4,5回ループするので、あまり聞いていませんでした。


何回もひいじいちゃんが話すので、未だに覚えているのが、


どうやら迫撃砲の担当だったらしく、その時の様子を話していました。


子供の時はちょっと聞くのが億劫になっていましたが、


今思えば、もっとちゃんと話を聞いておけばよかったなあと思います。

世界中どこにでもある敬語

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


敬語は人とのコミュニケーションの中で大事な要素だということは、


世界中どこでも同じかもしれません。


ポーランド語で、二人称にあたる言葉は Ty(テ)です。


ただ日本語の意味にすると、君やお前など友達同士で使う言葉です。


例えば、道端で道を知らない人に聞くときは、


相手に問いかける時は、Pan(パン)、Pani(パニ)を使います。


Panは男性の敬称、Paniは女性の敬称です。


ポーランド語は主語によって動詞が変化しますので、


Tyの時とPan,Paniの時では動詞が違います。


ここで、見知らぬ人に道を聞くとき、Pan、PaniではなくTyを使って道を聞いたら、


人にモノを訊くときは言葉に気をつけろと思われることでしょう。


たまに若い人や子供でTyを使い、Tyに相当する動詞を使ってくる人もいますが、


やはり言葉を知らないガキだと思われています。


ドイツ語もそうでした。君、お前にあたる言葉はDu。敬称はSie。


ドイツ語の先生に言われましたが、この使い分けは大事だといわれました。


韓国語も敬語はいろいろ細分化されていて上下関係の言葉遣いは厳しいですよね。


タイ語も年上、年下、目上の人などで、相手を呼びかけるとき、使い分けがありました。


英語も二人称の区別は無くYouだけですが、


道を聞くときなんかは、丁寧でやわらかい表現を使いますよね。


人間関係によって言葉遣いを使い分けることが大事なのは


世界中どこでも同じだと思います。

欧米と言うけれど

 こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


遠い日本から見たらその様に見えるかもしれません。


「欧米では、、」などよくひとくくりにされている


意見や議論がありますが、アメリカとヨーロッパの国では


考え方が違いますし、ヨーロッパの国々それぞれいろいろな特徴や文化があって違います。


年配や、古い考えの人は、アメリカのせいで、


昔からのやり方や文化が壊されたと思っている人がいますし、


一緒の考え方を持つ国にひとまとめにするのは強引かなあとおもいます。



<<back|<123>|next>>
pagetop