July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Chałupy ハウペ

 こんにちは、今日も雪、ブログ訪問ありがとうございます。



上の動画はChałupy (ハウペ)という有名なリゾート地をテーマにした歌です。


ハウペはバルト海に面する北の海岸沿いのリゾート地です。


以前はヌーディストビーチで有名でしたが、


今はブームも過ぎ去り、裸で海水浴を楽しむ人はわずかだとか。


この海岸線、地図で見ると面白い形をしています。




Wyświetl większą mapę

ワルシャワ 文化科学宮殿

 こんにちは、今日も曇り。訪問ありがとうございます。


よくポーランドのドラマでワルシャワが舞台だと


高くそびえる文化科学宮殿が登場します。


多くの企業が入居しているようです。


東京の東京タワーみたいにワルシャワのシンボルなのかなあと思っていましたが、


この建物、スターリンの寄贈の物だったんですね。


別名ヨセフスターリン文化科学宮殿。


なので、この建物を嫌がる人が多いようです。


建物のデザインも旧ソ連スタイルだそうで、


ポーランドの様式とは全く違う物だそうです。


ワルシャワ中央駅から撮った文化科学宮殿です。

Restauracja Wierzynek

 こんにちは、昨夜は雪が降る寒さ、今日も気温3度の雨です。


クラコフに Restauracja Wierzynek というレストランがあります。


以前行ってみたのですが、地元では有名なレストランだそうです。


創業1364年だそうで、料理のお皿にも数字が刻まれていました。


日本だとその時代は南北朝時代でしたっけ。


旧市街の広場にレストランはあります。


広場に面しているので、わかりやすい場所でした。


レストランの中は、古き格式ある落ち着いた建物の内装、


2階には広場を見渡せる席もあります。


観光地でしょうし、ポーランドでは、高めの値段ですが、


日本から比べるとリーズナブルな値段でしょう。


参考として、


スープ、前菜、ウォッカと酢漬けのにしん、メインディッシュ、デザートで


190ズォティ(4700円くらい)。


クラコフ旅行で、ポーランド料理を楽しみたい方は


足を運んでみてはいかがでしょうか。


ホームページ

住所
Rynek Główny 15 Kraków

Złota Jesień ジュウタ イェシェン

 こんにちは、今日も快晴、散歩日和です。


日本は紅葉の季節でしょうか。


ポーランドもまた秋の景色は素晴らしいです。


Złota Jesień、黄金の秋と呼ばれるようで、


今は赤、黄、緑と様々な色が混じった植物を眺めることが出来ます。



裏の森で。安いデジカメだとなかなか色を伝えきれないです。。。

カトヴイツェ

こんにちは、今日も曇り、気温が低いです。


パソコン関連のパーツを買いにカトヴィツェに行ってきました。


ヤボジュノからミニバスで30分ほどのところです。


カトヴィツエはシロンスク県の県都です。


シロンスク大学など教育機関が置かれていて


学生が多い街です。


また大きなドーム型のスポーツ会場があり、


よくスポーツの大会が開かれています。


他の国に乗り継ぎができるカトヴィツェ空港があるので、


交通の便が良いです。


が、旅行者にとってはこれといって観光地が無い様に思います。


工業地帯の町なので、工場や殺風景な高層団地が立ち並びます。


新しく、シロンスクショッピングセンターが出来たので、


そこにパソコン関連のパーツを買いに行ったのですが、


旅行に来てまでショッピングセンターに行ってもしょうがないと思いますし。


カトヴィツェの画像をちょっとだけ撮っています。


日本美術技術博物館 Manggha マンガ クラコフ

 こんにちは、今日も曇り空、寒い一日です。


クラコフに日本美術技術博物館 Manggha という博物館があります。


バベル城からヴィスワ川越しに見えます。


3年前でしょうか、マンガとついていたので、


どんなものか見てみたく行ってみましたが、


その名前からイメージしていると拍子抜けします。


博物館内は鎧と日本刀が飾られていました。


マンガはありません。



日本美術技術博物館 Manggha 

住所: ul. M. Konopnickiej 26, 30-302 Krakow 
tel.: 0-12 / 267 27 03, 267 37 53 fax: 0-12 / 267 40 79 http://www.manggha.krakow.pl/

ヤギェウォ大学 クラコフ

こんにちは、今日も涼しい一日です。


クラコフに、ポーランド最古の大学、ヤギェウォ大学があります。


1364年に創建された大学だそうで、あのコペルニクスも出身者だそうです。


先日クラコフに訪れたとき、大学を散策してみました。


クラコフの旧市街にあり、中央広場から歩いてすぐのところです。


校門にはコペルニクスの像がありました。


校舎内には、お土産やさんがあり、


大学の紋章がは行ったグッズなど置いてあります。


完全に部外者な私たちですが、


店員さんはフレンドリーに接してくれました。


革製の文房具用品が渋いデザインでおススメです。

Hejnał mariacki ヘイナウ マリアツキ

 こんにちは、今日は曇り、なのでムシムシしています。


クラコフの旧市街のひろばにあるマリアツキ教会。


クラコフに詳しい方ならご存知かと思いますが、


この建物から、現在、時報としてトランペットが演奏されています。


Hejnał mariacki (ヘイナウ マリアツキ)といいます。


クラコフ旧市街広場のマリアツキ教会↓↓  曇っていたためくらい画像です。
Hejnał mariacki ヘイナウ マリアツキ 

こんな感じの演奏です。↓↓

 

起源は大昔、中世のクラコフに、敵が攻めてきたとき


軍隊に来襲を知らせるために、使われたそうで、それを今でも再現しているようです。


動画をご覧になった方は、演奏の最後、歯切れが悪く終わっているのに


お気づきかと思います。


歴史上、モンゴル、元がポーランドに侵攻していますが、


そのときの伝説として、元の軍隊の放った矢が、敵襲を知らせる演奏中の奏者にあたり、


命を落としたそうで、演奏が途中で終わってしまったそうです。


それを忠実に再現しているから、演奏が途中で終っています。

白貂を抱く貴婦人 ヴァヴェル城

 こんにちは、本日は気温28度。30度を超える気温を経験すると、不思議なもので


涼しく感じます。東京の夏はもっとじめじめしてきつかった記憶があります。


先日、友人が日本から来た際に、クラコフのヴァヴェル城に足を運んでみました。


以前、行ったときは中庭が工事中だったので、


あまり城の中を見れず残念な思いをしたことがあります。


現在、ヴァヴェル城には、レオナルドダビンチの白貂を抱く貴婦人


展示されているということで、見に行きました。


絵画を見るだけなら、10ズォティでその展示場に入ることが出来ます。


券を購入して門をくぐります。
 

城の中は大勢の観光客。
 

城の中庭です。ここの建物に絵画が展示されています。

わかりづらいかもしれないですが、中庭に入ったら左のほうに進み階段を2階(日本で言うと3階部分)に上ります。
また中庭のほうに出て突き当たりのところに右側に扉があるのでその中に展示されています。
行った甲斐がありました。


空調の聞いた部屋に、ぽつんと白貂を抱く貴婦人の画があるのですが、


存在感があります。ヴァヴェル城に訪れた際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


この画はチャルトリスキ美術館所蔵の絵画だそうです。


2012年の5月からこの城で展示されるようになったようです。


19世紀はヨーロッパを転々とし、大戦中はナチスの手に渡り、


戦後ポーランドに戻ったようです。


1490年に描かれた作品がこうして今も残っているのを見るとすごいですね。


Kraków クラクフ 2

 こんにちは、今日は、小雨のヤボジュノです。


引き続き、クラクフの思い出を紹介したいと思います。




中央広場、スキエルニツァには、たくさんのレストランやカフェが立ち並びます。


天気がいい日に、カフェで一服は最高です。


広場の中央にある織物会館の一階には、お土産屋さんが立ち並んでいます。


ここでいろんなお土産が売られていますが、ポーランドといえば、


琥珀が有名です。かわいい琥珀のアクセサリーを探してみてはいかがでしょうか。


たくさんの外国人で賑わっていました。


中央広場から歩いて20分ほどでしょうか。


ビスワ川沿いにヴァベル城があります。


私が行った時は城内の改装工事中だったため、少し味気がなかったですが、


城から眺める景色は最高です。


川の向こうに、日本美術センター・マンガ館が見えます。


私も行きましたが、マンガの展示とかは期待しないでください。


鎧や刀の美術館でした。


ただ川沿いのカフェで一服は気持ちよかったです。
<<back|<123>|next>>
pagetop