September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ポーランド人女性はやはり美しい

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


2年以上もポーランドに住んで見慣れたとはいえ


やはり思うのは、ポーランド人女性は美人が多いです。


街を歩いていても飽きないです。

ポーランド人の労働時間

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


日本は欧米に比べて労働時間が長いという意見をよく聞きます。


でも実際に住んでみて本当にそうかなと?思います。


ポーランドに限って言えばしかも自分の周りの人たちに限って言えば、


かなり長く働いていると思います。


これは一概に言えないのは、


人によって職種によって違うからです。


飲食関係の人は1日12時間ほど勤務している人も見かけます。


早朝8時に、立ち寄ったカフェで働くおばちゃん、


夜8時に仕事が終わってもう一度そのカフェに行くと


まだそのおばちゃんが働いていました。


その例だけでなくても私の周りの人は


結構、長時間働いています。日本人もびっくりです。


過労死しないのかなと心配します。


労働時間が短いのはごく一部の会社勤めの人じゃないでしょうか。


交通機関に勤務する人や、ごみ収集などの清掃関係、エネルギー関連に勤める人は


クリスマスや祝日関係なく働かないといけません。


私が見た感じでは日本と変わらず働く人は働いていると思います。


日本は欧米に比べて働きすぎだと言う意見は


ほんのごく一部を取り出してみただけの意見だと思います。
 

若い人の握手 ポーランド

こんにちは、今日は快晴ブログ訪問ありがとうございます。


同僚に会ったり近所の人に会ったりするといつも挨拶代わりに握手をします。


若い人が握手をする時に見られるのですが。


例えばこちらが何か作業をしていて手が汚れている時に会うと


汚れた手で握手するのはなんなので、拳と拳をあわせて握手します。


どうやらヒップホップやラップの影響から来ているようです。


さすがに年配の方はそのようなやり方はしません。


また手が汚れている時、手首を握って握手代わりにする時があります。

Burak ビートの実の別の意味

こんにちは、今日は雨、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド料理のバルシュチュに使われるBurak、ビート。


ビートを使うとコクがあって美味しいスープが出来上がります。


ビートのポーランド語 Burakは、別の意味があって


田舎者という意味もあるそうです。


酒が強いポーランド人

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド人は酒が本当に強いと思います。


日本でも酒豪がいますが、ちょっとレベルが違うと思います。


ウォッカはいつもショットで飲みます。


ウォッカをショットで飲むなんて、日本で友達と飲みに行った時、


何かの罰ゲームで飲まされたことしか無かったなあ。


 

ポーランド ママとの関係

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。


幸い手に職があったのでポーランドでも仕事を見つけることが出来ました。


ポーランドの職場の雰囲気や習慣は、もちろん日本と違います。


また職場によっても違うと思いますが、違う点がいくつもあります。


そういえば先日、勤務中に隣の同僚が着信音が鳴っている携帯電話を取り出し、


「はい、ママ」と応えました。


もう何度も見ている光景なので、見慣れてしまいましたが、


初めはちょっと戸惑いました。


まあ、ポーランドで「ママ」といっても、日本で言う「ママ」の意味ではなく、


「お母さん」に近いと思います。


勤務中にお母さんと電話?と初めは思いましたが、みんなそうしているし、


別に変なことではないと理解しました。


日本のよく見る母親と息子の関係から考えると、


ポーランドで見る母親と息子の関係は違うなあと


思います。


多くのスキンシップをするし、抱き合うし、


ポーランドだけに限らず他のヨーロッパの国にも当てはまるだろうと思います。


私の思春期の頃に、お母さんと挨拶で抱き合っていると、友達に知られた日には、


相当、からかわれたことでしょう。


今は日本も変わってきていると聞きますが。


ただし、ハグするハグしないで、どちらが良い、悪いとは言っているのでもなく、


どちらが愛情が深い、浅いと言っているのでもありません。


愛情表現の仕方の違いがあるだけです。


どこの国の母親も子供に対する愛情が深いということで。

Zbudujemy tu drugą Japonię 第2の日本を築く

こんにちは、今日は雪、ブログ訪問ありがとうございます。


とある駅の壁に風刺のようなポスターが貼ってあり思わず写真に撮りました。


絵にある人物は多分今のポーランドの首相のドナルド・トゥスクかと思われます。


なので、この絵は皮肉った絵かもしれません。


絵には Zbudujemy tu drugą Japonię(ズブドゥイェン ドゥルゴン ヤポニエン)


と書いておりました。私はここに第2の日本を築くという意味です。


かつてポーランドが民主化した際、大統領だったレフ・ワウェンサが


Zbudujemy tu drugą Japonię と言ったとか。


動詞の語尾が違うので、ワウェンサがいった言葉は


私たちがここに第2の日本を築いていきましょうという意味だと思います。


トゥスク 首相

最近の若い者はというセリフ

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


道端で近所のおじいさん、おばあさんに会い話を聞くと、


最近の若者は礼儀がなってないと、こぼしています。


どこの国でも聞くセリフです。


古今東西ずっと言われてきている文言のようです。

各国の女性の評価

こんにちは、今日も快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


男同士で話していると、下世話ですが女性の外見についての話題になります。


女性からしたら余計なお世話だと思うので、


男の人だけ呼んでください。


よく話題になるのが国ごとの外見の評価についてですが、


ドイツやイギリスの女性の外見については


皆、低い評価です。


太いだの、背がでかいだの。


ポーランド人女性は綺麗だというのは


皆、認めているところです。


たいがいの国の男性は自分の国の女性を見慣れているからか


謙遜からかあまり綺麗だと言わないですが、


男性のポーランド人もよく言ってきます。


一番人気はイタリアの女性です。


小柄で黒い髪、堀が深い顔が魅力的に映るようです。

ポーランド人の若者によく聞かれること

こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


ポーランド人の若者はよく話しかけてきます。


たいがいは私のことを中国人だと思って接してきますが、


日本から来たというと、また接し方が変わってきます。


日本人と会うことなんて滅多にないし彼らにとって珍しいことだと思います。


よく聞かれる質問で、


ポーランド人(男)のことを悪く思っていない?とポーランド人(男)に聞かれることです。


なんで?と聞き返すと、


ポーランド人はなあ。。。と渋い顔を見せます。


ポーランド人(男)は他のポーランド人(男)のことをよく思っていないのでしょうか。


そんなことは無いよ、たまに嫌なやつはいるけど、大概はいい奴だよと私は言います。


他はなぜ日本でなくてポーランドに住んでいるの?と聞かれることです。


妻がいるからですが、この質問の背景には、


経済がいい日本にいないで、どうしてポーランドを選んだのかという意図が


あると思います。


実際、若い人にいい仕事は少ない状況だし、


仕事が無いもんだから、昼から酔っ払っている若者が多いし、


仕事が無いもんだから、イギリスやドイツや他の国に皆、仕事しに出て行っています。


若い人がかわいそうだなあと思います。
<<back|<123456>|next>>
pagetop