no-image

ポーランド、カトヴィツェで日本人と会うと

こんにちは、今日は晴れ、ブログ訪問ありがとうございます。
カトヴィツェでは最近、日本人と会う機会が増えてきました。
ヤボジュノでは勿論、あった事がありません。
ドイツ、デュッセルドルフでは日本人が多くいたためか
あまり新鮮味はなかったんですが、ポーランドに来てから
日本人にあって、日本語を話せると嬉しく感じます。
これが、クラコフやワルシャワだとまた違ったかも。
デュッセルドルフの時は、ドイツ語の先生と話すくらいで
(そのドイツ語の先生もオーストラリア人)
他に現地の人とこれといった交流もなく、
どちらかというと、あまり日本にいるのと変わらないような生活だったと思います。
ポーランドに来てから現地の人と話し、
妻ともヨーロッパにどんな人種が住んでいるのか、
聖書の話だとか、アジアという言葉について皆どういうイメージを持っているのかとか、
深い話もするようになって、ヨーロッパといわれるところがどのような所か、
初めて理解し始めたと思います。
そして日本から遠ざかって、いろいろ良いところがわかってきます。
近くにいると嫌なところばかり目立ってしまいますからね。