no-image

ポーランド ママとの関係

こんにちは、今日は曇り、ブログ訪問ありがとうございます。
幸い手に職があったのでポーランドでも仕事を見つけることが出来ました。
ポーランドの職場の雰囲気や習慣は、もちろん日本と違います。
また職場によっても違うと思いますが、違う点がいくつもあります。
そういえば先日、勤務中に隣の同僚が着信音が鳴っている携帯電話を取り出し、
「はい、ママ」と応えました。
もう何度も見ている光景なので、見慣れてしまいましたが、
初めはちょっと戸惑いました。
まあ、ポーランドで「ママ」といっても、日本で言う「ママ」の意味ではなく、
「お母さん」に近いと思います。
勤務中にお母さんと電話?と初めは思いましたが、みんなそうしているし、
別に変なことではないと理解しました。
日本のよく見る母親と息子の関係から考えると、
ポーランドで見る母親と息子の関係は違うなあと
思います。
多くのスキンシップをするし、抱き合うし、
ポーランドだけに限らず他のヨーロッパの国にも当てはまるだろうと思います。
私の思春期の頃に、お母さんと挨拶で抱き合っていると、友達に知られた日には、
相当、からかわれたことでしょう。
今は日本も変わってきていると聞きますが。
ただし、ハグするハグしないで、どちらが良い、悪いとは言っているのでもなく、
どちらが愛情が深い、浅いと言っているのでもありません。
愛情表現の仕方の違いがあるだけです。
どこの国の母親も子供に対する愛情が深いということで。