no-image

赤い航路 Bitter Moon

こんにちは、今日は曇り空、結構寒い一日です。

先日、深夜でロマン・ポランスキー監督の映画Bitter Moonが放映されていました。
邦題は赤い航路です。ポーランド語の題名は、Gorzkie gody。
さすがに、子供は見ちゃいけない映画のマークの鍵マークがついていました。
激しい性描写や、SMプレイがあるからでしょう。
水の中のナイフはポランスキー監督のデビュー作でしたが、
共産主義時代のポーランドでは受け入れられず、外国に出たと言われていますが。。。
でも聞いてみると、彼の作品がポーランドの人に共産主義時代だからといって
受け入れられなかったということは別になかったようです。
その時代でも、共産主義をパロディにした映画も結構ありますし、
そんな映画を楽しんでいたようですし、
何々主義だからといって、ポーランドの人々には関係ないことなのでしょう。
監督があれだけ才能があったら、イギリスとかフランスに飛んだほうが、
富も名声も得られるだろうし、海外に出ると思います。
それにしても、ポーランドのテレビ放送でやっかいに思うのは、
コマーシャルが長いです。
深夜枠だと、20分くらいコマーシャルが流れています。
軽食を作って、シャワーを浴びることが出来ます。

 

あらすじは、イギリス人夫婦がイスタンブール行きの船に乗り、旅にでますが、
船上で車椅子にのるアメリカ人作家のオスカーと出会います。
オスカーは彼の妻ミミとの出会いや、過激な性生活を
イギリス人夫婦の夫に話し始めます。
男女の愛憎の描写を描いた作品です。
ミミ役のエマニュエル・セニエはポランスキーの現在の妻なんですね。