October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本の文化が閉鎖的だということのメリット

 こんにちは、今日は快晴、ブログ訪問ありがとうございます。


外国の文化があまり入ってきておらず


日本は閉鎖的で他の国のことをあまり知らないという意見があります。


実際に日本から離れて長く暮らしてみて、そういう面があるなあと思います。


ただ簡単にそう結論付けは出来ないです。この結論はヨーロッパの人からみてなのかもしれません。


ヨーロッパにある国々はそれぞれの国の文化をおおおらかに取り入れたり共有していると思います。


共産主義時代のポーランドでさえ、


アメリカや西側といわれる国の文化や音楽、テレビ番組を取り入れています。


ただヨーロッパから見ての意見と言ったのは、世界は勿論、欧米だけではなく、


イスラム圏やインドや多くの独自の文化圏が存在して、独自の文化を守っているように


思えます。


アニメや子供向けのコンテンツに関して言うと、


ポーランドは、多くのアメリカの番組や他の国の番組を放送しています。


あたしが子供の頃、全然知らない番組ばかりです。


子供の頃は日本のアニメや日本の番組ばかり見て育ちました。


今では、ネットの普及や通信の発達で海外の情報やテレビ番組を簡単に


見ることができるようになりましたが、


以前の日本の閉鎖性も悪い面もあれば、良い面もあるなあと思います。


良い面といえば、独自の作品、コンテンツを作っているということです。


海外からテレビ番組や情報を取り入れてテレビで流すということは、


逆に言えば、独自のモノがないという事かもしれません。


閉鎖的だったから独自の文化が生まれて、今、評価されているのでしょう。
pagetop